アリスの四十九日

今日は愛うさぎアリスの四十九日です🐰✨

アリスは7月9日、5歳4ヶ月でお月さまに帰りました🌕✨

東京ドールハウス・ミニチュアショウ初日の早朝になでなでしたのが最期となりました✨

 

昨年の5月に斜頸症状があらわれて、かかりつけの田端にある「さいとうラビットクリニック」に通院しました✨

 

多少の首の傾きが残ったものの、おかげさまで元気に歩けるようになるまで回復しました✨

このまま治癒するのだろうと思っていたのですが、11月に再発🥺

こんどは横転を伴うひどい斜頸症状でした…😫

 

それからは歩くこともできなくなり、アリスの闘病生活が始まりました。

1日3回の投薬、ごはんが食べられない時はシリンジで強制給餌、おしりのお世話、そして通院の日々が続きました。

 

私も1999年のうさぎ年からご縁があってうさぎさんを飼い始めて、数頭のうさぎさん達との生活をしてきましたが、こんなにうさぎの闘病と向き合って、お世話をしたのはアリスが初めてでした。

たいへんなことも多々あったけど、アリスの健気に頑張っている姿を見ていろんなことを学ばせてもらったなぁ…✨

アリス本当にありがとう🐰🙏✨

お月さまにはウチの先輩うさぎ達がいるからさびしくないね✨

 

うさ友の @kurousagi.rabbit さん💕

どうしよう❗️と困ったときにもすぐに電話で相談にものってくれて的確なアドバイスをいただきました✨

そして新鮮な人参🥕ラディッシュなどのお野菜の差し入れもいただきました✨

本当に本当にありがとうございました🙏✨

以前、先代うさのために作ってくれたブリザーブドフラワーの素敵なボックス💕ピンク色の方をアリスに使わせてもらいます😌🙏✨

アリスは来年のうさぎ年まで頑張れなかったよ🥲

 

そして「さいとうラビットクリニック」の院長先生をはじめスタッフの皆さま💕この度もお世話になりまして本当にありがとうございました🙏✨

 

アリスはミシールの看板うさぎとしてホームページやポップなどに登場します✨

皆さま💕どうぞこれからも可愛がってくださいね☺️🙏✨

 

#ドールハウスギャラリーミシール

#うさぎのアリス

#お月さまに帰る

#ミシールの看板うさぎ

#さいとうラビットクリニック

#うさぎの斜頸

#うさぎの闘病

#うさぎのいる生活

#うさぎと暮らす

#ネザーランドドワーフ

#rabbit

 

YOU MAY ALSO LIKE
overlay

プレゼピオの額縁

overlay

アートさんのNew kit

overlay

お久しぶりのご出展ありがとうございます

Administrator

   

髙橋 智美 (たかはし ともみ)

旧姓 : 渡辺 智美 (わたなべ ともみ)
ドールハウスギャラリーミシール代表
東京ドールハウス・ミニチュアショウ主催
子供服メーカーを6年間勤務の後、1996年2月から2004年3月まで、プランタン銀座本館7F「ドールハウスギャラリーミシール」の店長を務める。
その間に同百貨店にて開催されたドールハウス、ビスクドール、創作人形、アンティークドールなど各フェアの企画考案を担当した。
その頃からアメリカ・イギリスなど海外のドールハウスショウに見学・参加をしており、世界でも最大規模を誇るChicago International Miniatures ShowのPromoterであるTom Bishop氏より、彼の妻 Leni (レニー)の名にちなんで、Tomi(トミー)という愛称をつけてもらう。
東京都文京区出身。2月12日生まれ。A型。
趣味はTVドラマ 映画鑑賞・クラシックバレエ・ジャズダンス・ヨガ。
愛兎はネザーランドドワーフの「アリス」(2022年7月9日お月さまへ)とホーランドロップの「ジル」。
写真のトイプードルは姉の家の子で「MOCOちゃん」。

lamp lamp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です